自動チューニング研究会のご案内

自動チューニング研究会は,国内の自動チューニングに関する研究を加速することを目指して,2003年に設立されました.2010年度まではクローズドな研究会でしたが,2011年に新体制に移行し,自動チューニングにご興味をお持ちの方々に広く情報を発信し,研究成果を持ち寄って議論を深める場を提供することで,自動チューニングに関する学術と技術の発展に貢献いたします.2014-m-1.jpg

主査 (片桐孝洋 東京大学情報基盤センター) からのあいさつ

ニュース

自動チューニング研究会メーリングリストのご案内

自動チューニング研究会では,メーリングリストを運営しております.自動チューニング研究会が企画するセミナー,シンポジウム,ワークショップ等のほか,自動チューニングに関する多彩な情報を発信いたします.メーリングリストへの登録・脱退はウェブから簡単・ご自由にいただけます.ぜひご活用ください.
自動チューニング研究会メーリングリスト登録・脱退

自動チューニング研究会の主な活動

自動チューニング研究会のその他の活動

  • 様々な学会での自動チューニングセッション
    • 情報処理学会 HPC研究会(SWoPP、HOKKE など)
    • 日本応用数理学会(年会、研究会連合発表会など)
    • 日本計算工学会 計算工学講演会
    • SIAM Conferences:
      • Parallel Processing: PP06 (MS39, MS46, MS52), PP08 (MS1, MS25), PP10 (MS6, MS42), PP12 (MS6, MS13, MS20), PP14
      • Computational Science and Engineering: CSE09 (MS104, MS115), CSE11 (MS44, MS55), CSE13
  • 特集記事等の執筆,調査報告書作成
  • その他の国内主催イベント:公開セミナー、シンポジウム等
  • その他,ATを中心テーマとした主な招待講演,および,AT研究会に関する掲載記事等
    • 情報処理学会誌(2007年7月号),Vol.48,No.7,pp.788-789(2007)のコラム
      「研究会千夜一夜:高性能計算-システムと応用の良き仲人を目指して-(HPC研究会),朴泰祐(著)」
      にて,自動チューニングが紹介されました.
    • SIAM News June, 2008にて,PP08の日本ATセッション紹介記事
    • 平成21年度ITBLシンポジウム(講演:須田礼仁)2009年5月29日
    • 第38回数値解析シンポジウム(チュートリアル:片桐孝洋)2009年6月15日
    • SciDAC, DoE, USAの"Workshop on Libraries and Autotuning for Petascale Applications"に招待
      (講演:片桐孝洋)Aug., 11, 2009
    • 文部科学省 科学技術政策研究所の「科学技術動向 2009年11月号 レポート」
      で自動チューニングが紹介されました
    • 情報処理学会 東北支部 第350回研究講演会(招待講演:片桐孝洋)2009年12月18日
    • 自動チューニング研究会メンバーの片桐孝洋先生がソフトウェア自動チューニング研究で
      「平成23年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞」
      を受賞されました(受賞:片桐孝洋)2011年4月11日
    • Fifth International Workshop on High-level Parallel Programming and Applications (HLPP 2011)
      (Invited Talk: Takahiro Katagiri),Sep. 18, 2011
    • 本研究会会員である片桐孝洋氏、今村俊幸氏が、2013年9月29日~2013年10月4日にドイツで開催されたDagstuhl Seminar「Automatic Application Tuning for HPC Architectures」に招待されました。

添付ファイル: file10年史F.pdf 577件 [詳細] file2014-m-1.jpg 900件 [詳細] filekadaichosa.pdf 1081件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-09 (月) 15:33:26 (75d)