第4回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム(ATTA2012)

Fourth symposium on Automatic Tuning Technology and its Application (4th ATTA)

日時: 2012年12月25日(火)10:00~18:00
場所:東京大学 山上会館

参加無料・事前登録不要

お礼

多くの方のご参加を得て,無事に 終了いたしました.ご参加いただいた皆様,ありがとうございました.

当日ご発表いただいた方々のスライドを順次アップしておりますので,ご覧ください.

概要

 自動チューニングは,ソフトウェアに自らを最適化する機能を組み込むことにより, 多様な環境において優れた性能を実現することを目指すパラダイムです.「京」と 愛称が決まった次世代スーパーコンピュータから,省電力と高性能の両立が重要な 課題である携帯端末まで,あらゆる分野の情報処理に適用できる技術となるよう, 研究が進められています.

 本シンポジウムは,自動チューニングに関係する科学研究費プロジェクトの合同で, 最新の研究成果と将来の研究展望をご報告いたします.今年は各科研費の発表時間を 長めに取り,研究成果についてより詳しくご説明いたします.また,招待講演として, 理化学研究所の丸山直也様には OpenACC による GPGPU の最新事情について,また NEC の撫佐昭裕様にはスパコン向けコード最適化の深いご経験をご披露いただきます.

 自動チューニングの基礎技術から自動チューニングの応用まで,ご興味のある 多くの方のご参加をお願いいたします.

プログラム

10:00~10:15 科研費による自動チューニング研究の取り組み スライド
自動チューニング研究会主査 東京大学 須田礼仁
10:15~11:00 汎用自動チューニング機構を実現するためのソフトウェア基盤の研究 スライド
東京大学 須田礼仁
11:15~12:00 実行時自動チューニング機能付き疎行列反復解法ライブラリのエクサスケール化
11:15~11:30 プロジェクト概要:東京大学 片桐孝洋 スライド
11:30~12:00 実行時自動チューニング機能付き疎行列反復解法ライブラリXabclib:(株)日立製作所中央研究所 櫻井隆雄 スライド

13:15~14:15 【招待講演】 CUDA vs OpenACC: マイクロベンチマークとアプリケーションによるOpenACCコンパイラの評価 スライド
理化学研究所 丸山直也
(概要)OpenACCは指示文によるアクセラレータプログラミングのための新しい仕様であり、現在複数のベンダーから対応コンパイラが提供されている。アクセラレータへのオフロード箇所を指定するための指示文が定義されており、既存CPUプログラムのアクセラレータへの移植の簡略化が期待されている。本講演では特に性能について着目し、行列積とステンシル計算をマイクロベンチマークとして用いた各種OpenACCコンパイラおよびCUDA実装との比較評価結果を紹介する。また、JAXAにて開発されている流体シミュレーションアプリケーションであるUPACSのCUDAおよびOpenACCを用いた移植も行った結果についても特に移植コストや各種最適化の効果を紹介する。マイクロベンチマークおよびアプリケーションの評価よりOpenACCにおける最適化の有効性、特に自動チューニングに期待される効果について議論する。
14:30~15:30 【招待講演】現場でのチューニング活動とリファクタリングカタログの作成 スライド
NEC 撫佐昭裕
(概要)HPCシステムのサポートとしてプログラムのチューニング活動を行っている. 現在,東北大学サイバーサイエンスセンターとプログラムチューニングを 行った知見を集め,リファクタリングカタログの作成を行っている.この取り組み について紹介を行う.

15:45~16:30 安全な計算状態操作機構の実用化 スライド
九州工業大学 八杉昌宏
16:45~17:30 GPUプログラム最適化のための指示文を用いた自動チューニング機構の開発 スライド
東京大学 大島聡史

終了後,18:00ごろから本郷3丁目付近で懇親会を予定しております.

主催

自動チューニング研究会
科学研究費

  • 汎用自動チューニング機構を実現するためのソフトウェア基盤の研究
  • 実行時自動チューニング機能付き疎行列反復解法ライブラリのエクサスケール化
  • 安全な計算状態操作機構の実用化
  • GPUプログラム最適化のための指示文を用いた自動チューニング機構の開発

協賛

JST CREST「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」領域

  • 進化的アプローチによる超並列複合システム向け開発環境の創出

お問い合わせ:東京大学 須田礼仁
E-mail: reiji あっと is.s.u-tokyo.ac.jp
「あっと」を半角@に変換してください.

過去のシンポジウム


添付ファイル: file4thATTA1225_sakurai.pdf 1527件 [詳細] file06yasugi.pdf 1067件 [詳細] file07ohshima.pdf 2846件 [詳細] file05musa.pdf 2340件 [詳細] fileKatagiri20121225-HP.pdf 1204件 [詳細] file04maruyama.pdf 5077件 [詳細] file01introSuda.pdf 947件 [詳細] file02suda.pdf 1222件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-27 (土) 03:30:04 (800d)