学会等でのセッション企画

本ページの更新が滞っていますが2014年以降もさまざまな学会において自動チューニング関連セッションを企画しております.

これまでにセッションを企画した主な学会

  • 情報処理学会 HPC研究会(SWoPP、HOKKE など)
  • 日本応用数理学会(年会、研究会連合発表会など)
  • 日本計算工学会 計算工学講演会
  • SIAM Conferences:
    • Parallel Processing: PP06 (MS39, MS46, MS52), PP08 (MS1, MS25), PP10 (MS6, MS42), PP12 (MS6, MS13, MS20), PP14
    • Computational Science and Engineering: CSE09 (MS104, MS115), CSE11 (MS44, MS55), CSE13

2013年度

  1. SIAM CSE13 (MS153, MS162, MS211)
  2. 日本応用数理学会 2013年度年会
  3. 計算工学会

2012年度

  1. SIAM PP12 (MS6, MS13, MS20)
  2. 日本応用数理学会 2012年度年会 会員主催OS「ソフトウェア自動チューニング研究最前線2012 --ポストペタスケールへの適用とエクサスケールへ向けて」
    日時:2012年8月31日(金)9:00~
    場所:稚内全日空ホテル
  3. 計算工学会 第17回計算工学講演会「自動チューニング技術の最新研究動向」

2011年度

  1. SIAM CSE11 (MS44, mS55)
  2. 日本応用数理学会 2011 年度年会 会員主催OS「自動チューニング」

2010年度

  1. SIAM PP10 (MS6, MS42)
  2. 日本応用数理学会 2010 年度年会 会員主催OS「数値計算における自動チューニングの最新動向 -マルチコア,GPU,ヘテロジニアス環境へ向けて-」
  3. 計算工学会 第15回計算工学講演会 「ペタスケール計算機時代の数値計算ライブラリと自動チューニング技術」

2009年度

  1. SIAM CSE09 (MS104, MS115)
  2. 日本応用数理学会 2009 年度年会 会員主催OS「ペタスケール環境を目指す数値計算ライブラリと自動チューニング技術」
  3. 計算工学会 第14回計算工学講演会 「科学技術計算における自動チューニングの挑戦:マルチコア環境への適用」

2008年度

  1. SIAM PP08 (MS1, MS25)

2007年度

2006年度

  1. SIAM PP06 (MS39, MS46, MS52)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-18 (土) 20:05:49 (4d)