自動チューニング研究会(Automatic Tuning Research Group; ATRG)について

研究会の概要

自動チューニング研究会は,日本国内の自動チューニングに関する研究を加速することを目指して,2003年に設立されました.2010年度まではクローズドな研究会として活動して参りましたが,2011年にオープンな新体制に移行し,現在では大学,国立研究機関,民間企業の研究者を中心として,多数のメンバーにより活動を行なっております.自動チューニングにご興味をお持ちの方々に広く情報を発信し,研究成果を持ち寄って議論を深める場を提供することで,自動チューニングに関する学術と技術の発展に貢献いたします.

研究会への参加

研究会への参加につきましてはお問い合わせよりご連絡ください.2021年時点で会費は徴収しておりません.自動チューニングに関する国内外のイベント情報等を自動チューニング研究会のメーリングリストで配信しております(会員でなくとも受信できます).

自動チューニングとは

自動チューニングとは、広義には「自動的に性能をチューニングすること、あるいは、性能チューニングの自動化」と定義されます。この場合、<性能>は計算機(対象マシン)の計算速度に限定しません。例えば、ネットワークを対象とすれば通信速度が性能となります。計算と通信の両者を含んだシステム性能として応答速度も性能になります。速度以外にも、記憶量、消費電力量、信頼性など、性能基準が決まるものであれば、自動チューニングの枠組みに含まれます。また、<自動>は機械による学習(マシンラーニング)を意味しますが、人間の介在を否定するものではありません。

一方、狭義には、適用分野ごとに異なる定義があります。例えば、数値計算分野においては、「応用プログラム(アプリケーション)の性能向上をもたらす自動的な性能チューニング」を意味します。対象マシンへの問題の自動的な最適写像といえます。この定義は、異なる対象マシンに対しても高性能が得られるように、与えられた応用プログラムをチューニングする過程を自動化することから始まっています。つまりは、人手による性能チューニング作業の自動化が原義です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-18 (土) 20:18:45 (34d)